不動産売却における”業者買取”という選択肢|不動産の買取・売却ならジェイワンホームズ【2021-08-21更新】 | 横浜・川崎・東京都内の不動産(新築一戸建て・中古一戸建て・土地・マンション)ならセンチュリー21ジェイワンホームズ

J1HOMES
  • 不動産売却(基本)

    不動産売却における”業者買取”という選択肢2021-08-21

    これから不動産を売却しようと検討されている方や、現在、不動産仲介会社に売却活動を依頼しているが、3ヶ月以上滞っている方向けての記事になります。

    数ある不動産売却の手段の中で、早期に売却をされたい方におススメしているのが「業者買取」です。

    早期売却が可能な分、相場よりも金額が下がってしまうというデメリットもございますが、状況とバランスを見て、ひとつの手段として念頭に置いておいても良いかと思います。

    弊社でも、不動産の買取は積極的に実施しております。
    不動産買取ページはこちら

    以下より、業者買取のメリットデメリットについて解説致します。

    【テーマ】
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    1.業者買取のメリット
    2.業者買取のデメリット
    3.まとめ
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    1.業者買取のメリット
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    業者買取のメリットとして、主に以下が挙げられます。

    ①売却開始~現金化までが早い
    ②近所に気付かれることなくスピード売却も可能
    ③内覧対応の必要なし(査定時のみ)


    順に解説致します。

    ①売却開始~現金化までが早い

    対象不動産の査定後、不動産会社から提示された金額に売主様が合意をすれば、直ぐに売買契約の締結が可能です。

    仲介の場合は、売却に係る販売活動に凡そ3ヶ月~6ヶ月、契約後に買主様の融資の関係諸々で凡そ1ヶ月ほど時間を要するのが一般的です。

    生活面でのご事情で、現金化の期日が決まっている場合は、買取の方が確実に早く現金化をすることが出来ます。


    ②近所に気付かれることなくスピード売却も可能

    仲介で売却をする場合、販売活動として、主に以下の活動をされる仲介会社が一般的です。

    ■不動産ポータルサイトへの掲載
    ■ポスティングチラシの作成、配布
    ■新聞広告 etc.

    上記のような販売活動により、広範囲に物件の情報を周知することになりますので、ご近所様に知られる可能性も大いにございます。

    ご近所様に知られることを不都合に感じられる方もいるかと思います。

    業者買取の場合は、不動産会社が物件を買い取るので、広範囲に周知をするような販売活動をすることは基本的にございません。

    物件の宣伝広告をせずに売却を完了させることも可能になります。


    ③内覧対応の必要なし(査定時のみ)

    仲介会社を経由しての販売活動で、特に売主様にご負担頂くのが、「ご購入検討者様の内覧対応」です。

    居住中であれば、
    ■週末はもしかしたら内覧が入るかもしれないから予定が入れづらい
    ■翌日に内覧が入った。片付けもしていないしどうしよう・・・

    等といった、ストレスを感じられることも多くあるかと思います。
    これが契約が決まるまでずっと続くと考えるとかなりのストレスです。

    買取の場合は、査定時に内覧はさせて頂くだけです。
    面識のない方が何度も何度も内覧するということはございません。

    そのような意味では、「ストレスや負担は一般的な販売活動と比較してもかかりづらい」こともメリットに挙げられるかもしれません。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    2.業者買取のデメリット
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    上述より業者買取のメリットを解説して参りましたが、メリットがあれば勿論ながらデメリットもございます。

    業者買取のデメリットとしては、以下が挙げられます

    ①買取金額は相場よりも安価なケースが殆ど
    ②売却物件によっては買い取ってもらえない


    以下、解説致します。

    ①買取金額は相場よりも安価なケースが殆ど
    業者買取のデメリットとしてまず挙げられるのは、相場よりも安価なケースが殆どということです。

    業者買取の場合は、その業者が「再販売」を想定しているケースが殆どです。
    そのようなケースでは、再販売時の相場から、用途には依りますが建築費用・リフォーム、リノベーション費用、利益等を差し引いた上で買取金額を計算するのが一般的です。

    相場から逆算して費用を計算するため、買取金額が低くなってしまいます。


    ②売却物件によっては買い取ってもらえない
    業者買取の場合、業者は再販売等、出口の見立てを付けた上で金額を計算していくケースが殆どです。
    よって、出口の見立てが立てられない、例えば、再建築不可物件や擁壁の工事に多額の費用を要し、計算しても赤字になってしまうようなケースでは、買取を断られることもあります。

    全ての業者がどんな物件でも買い取ってくれるというわけでもないので、その点は注意しましょう。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    3.まとめ
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    業者買取のメリット・デメリットについて解説して参りました。

    不動産のご売却を検討されている方、現時点で活動をされている方にも様々なご事情があるかと思います。

    また、売却方法にもいくつか手段があります。

    ご事情に合わせた売却をするためにも、”業者買取”を一つの手段として考えておくことをおススメ致します。


    また、弊社でも不動産の買取を積極的に行っております。
    空室の多い築古のアパートの買取や、空き家の買取、借地・底地の買取等、様々なタイプの不動産を買取を手掛けております。

    相談ベースでもお話を聞いてみたいという方はお気軽にお問合せ下さいませ。


    ページ作成日 2021-08-21

カレンダー
 << 2022年5月