住宅ローンが残っていても不動産を売却する方法|不動産の売却・買取ならジェイワンホームズ【2021-07-31更新】 | 横浜・川崎・東京都内の不動産(新築一戸建て・中古一戸建て・土地・マンション)ならセンチュリー21ジェイワンホームズ

J1HOMES
  • 不動産売却(基本)

    住宅ローンが残っていても不動産を売却する方法2021-07-31

    弊社でご相談を頂くお客様の中で、以下のようなご質問を頂くことが多くございます。

    ■住宅ローンの残債がまだ残っているけれども、売却は可能か?
    ■住宅ローンの残債が残っているのですが、大丈夫ですか?
    ■住宅ローンがまだある状態で、どうやったら売れますか?

    ほぼほぼ同様のご質問ですね(笑)
    要するに、住宅ローンの残債がある状態で売却できるかどうかを不安に感じられている方が多いと見受けております。

    今回は、上記のテーマで説明をして参ります。


    【テーマ】
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    1.基本的には売却可能
    2.売却計画を立てること
    3.どうしても一括返済が難しい場合は任意売却という選択も
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    1.基本的には売却可能
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    まずは結論からお伝え致します。

    住宅ローンの残債が残っている状態でも、基本的に売却は可能です。

    但し、原則として、売却には以下の条件がマストになります。

    ■不動産に付いている抵当権を解除する
    ■不動産売却資金等で、住宅ローンの残債を完済する


    抵当権が付いた状態で売却をしてしまうと、次期所有者様が、抵当権が行使された際に、立退きを迫られることになります。

    立退きが迫られる不動産を購入する方はまずいないこと、或いは購入後に、購入前の抵当権が行使され、立退きを迫られると、債権者・債務者・購入後の居住者・抵当権行使による競売等で取得した第3者を巻き込んだトラブルになりかねないので、一般的には上述のように、不動産売却の前提として、住宅ローンを完済し、抵当権を解除することになっております。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    2.売却計画を立てること
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    不動産のご売却の動機はそれぞれにより様々あるかと思います。

    ■新しく住替えたい・・・
    ■まとまった資金が必要・・・
    ■処分をしたい・・・

    それぞれにより、ご状況、お手元に残したい金額等は異なってくるかとは思いますが、何れにせよ、抵当権を解除する、住宅ローンを完済するという条件は一般的になってくるかと思います。

    計画を立てる際には、最低でも以下の数字は押さえておく必要があるかと思います。

    ①残債はいくらか
    ②住宅ローン完済のために充てられる貯金等はいくらあるか
    ③そもそもいくらで売却ができるのか?

    そもそも売却を進められる前に、①+②>③の場合はそもそも一般的な売却が難しいということは念頭に置いておきましょう。


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////
    3.どうしても一括返済が難しい場合は任意売却という選択も
    ////////////////////////////////////////////////////////////////////


    不動産の売却は早く進めたいが、どうしても住宅ローン完済の目処が立てられず、抵当権が外せない・・・

    そのような方もいらっしゃるかと思います。

    そのような場合は、債権者の同意を得た上で、任意売却という方法もございます。

    但し、任意売却で進められる際は、以下のようなデメリットがあることを理解しておくことが重要です。

    ■売却価格が安くなる
    ■売却をしても住宅ローンがなくなるわけではない
    ■債権者の合意が得られなければ、任意売却はできない


    上述より、任意売却は、ローン完済はできないが、どうしても売却をしなければならない方向けの最終手段と考えて頂いた方が良いかと思います。

    弊社でも任意売却がご希望のお客様からのお問合せは数多く頂いております。
    どうしても不動産を早く売却しないといけないということでお困りの方がいらっしゃいましたら、
    お気軽にお問合せください。

    任意売却ソリューションページはこちら









     


    ページ作成日 2021-07-31

カレンダー
 << 2022年6月